韓国留学

【韓国留学】語学堂の選び方を体験者が語る!〜自分に合った学校の選び方〜

韓国留学を決意した方、語学堂をどこにしようか悩んでいませんか?韓国にはたくさんの語学堂があるので、迷ってしまいますよね。

私も語学堂へ通うことを決めたとき、たくさんある情報の中から自分に合った学校を選ぶのに悩みました。今回は実際に留学経験のある筆者が、語学堂を選ぶ時に重視したポイントをお伝えします!

語学堂を選ぶときのポイント

私が語学堂を選んだ時に実際に重視したポイントは、ずばり以下の5つです!

  • 語学堂の授業スタイル
  • 韓国語授業以外の課外活動
  • キャンパスの雰囲気
  • 語学堂があるエリア
  • 授業料

それでは、ひとつひとつご紹介していきます。

語学堂の授業スタイル

一番重視したのは語学堂の授業スタイル。韓国語を学ぶといっても、語学堂によって授業スタイルは様々です。自分が韓国語学習をするうえで何を大切にしたいか、どれぐらいの熱量で勉強をしたいかは人それぞれだと思います。下記のポイントを確認すると、語学堂で勉強している自分を少しでも思い描くことができるのではないでしょうか。

韓国語教育において何を重視しているか

1番にチェックしたのは、その学校が韓国語教育を行ううえで何を重視しているかという点です。とにかく文法・語彙を幅広く教えてくれる学校、会話に重きを置いて教えてくれる学校など、何に力を注いでいるかも微妙に異なると言われているようです。

旅行で困らないレベルの韓国語能力を身に付けたい!韓国ドラマを字幕なしで見れるようになりたい!韓国語で新聞やニュースを読めるようになりたい!などどのレベルまで、何を重視して韓国語の学習をするかも人それぞれ。自分のやりたいことに合った学校を選ぶようにしましょう。

授業中の机の配置

生徒同士が全員顔を見れるよう黒板に向かってコの字に机を並べるスタイル、会話の練習をたくさんするために3人や4人などの少人数でグループを作り机も教室内でグループごとにまとまって座るスタイル、生徒全員が黒板に向かい授業を聴講する普通の学校スタイルなど、授業中の机の配置からもどんな授業スタイルで学習を進めていくのか想像することができます。

発表について

語学堂によって授業中に行う発表の量もまちまち。私が通っていた語学堂は1級から個人発表の機会がありクラスメイトの前で発表をしましたが、友人の話を聞くと3級や4級まで発表の機会がない語学堂もあるそうです。

宿題の量

宿題の量も学校によって異なるようです。慣れない海外での生活。宿題が多い学校に入学していっぱいいっぱいにならないように、自分がどれだけ勉強に力を入れられるか、余裕をもって生活できるか考えることも大切かもしれません。

韓国語授業以外の課外活動

語学堂では通常の韓国語授業の他に文化体験などができる課外授業もあり、学校によって内容が異なります。また、希望者が参加できる料理教室やトウミ制度といった言語交換制度もあるため、韓国語の授業以外にどんな体験ができるかもという点も語学堂を選ぶポイントのひとつとしました。

ellie
ellie
私が通っていた学校は料理教室、トウミ制度のほかに韓国人の大学生と一緒に文化体験のできる国際交流制度があり、楽しく参加したよ!

キャンパスの雰囲気

キャンパスの雰囲気も大切なポイントです。大きなキャンパスが特徴的な学校、コンパクトにまとまった学校…などキャンパスの大きさも異なります。語学堂の生徒には大学生と同様に学生証が発行され、大学生と同じ学食や図書館を利用することができます。(学校によって異なります。)授業料としてお支払いする学費の中には施設使用料も含まれていると思うので、十二分にキャンパスをフル活用できるよう、キャンパスの雰囲気を見ておくことも大切です。

私の友人には『大学に通ったことがないから、大きなキャンパスでキャンパスライフを楽しみたかった!』という子や、逆に『キャンパスが広すぎると移動がめんどうだから小さな学校にした!』という子も。

語学堂があるエリア

留学期間は人それぞれですが、毎日通う語学堂。一般的な語学堂の授業スタートは朝9時。自分の住もうとしているエリアから毎日無理なく通える語学堂を選ぶようにしましょう。家から学校までがあまりにも遠いと、登下校だけで疲れてしまいます。

また、語学堂があるエリアはどんなエリアなのか事前に調べておくこともおすすめします。1日4時間の語学堂での授業を終えてしまえば、残りは自由時間。カフェで勉強したり、クラスメイトと遊んだり、必然的にたくさんの時間を過ごすのも語学堂の近くになるので、語学堂があるエリアも私は重視しました。

どうやって情報収集をすればよいの?

では、語学堂について調べるときどうやって情報を収集すればよいのでしょうか?

  • 留学前に実際に見学に行く
  • 留学イベントに参加して語学堂のパンフレットを手に入れる
  • 語学堂の公式ホームページをチェックする
  • 実際に韓国留学をしている方のブログやSNSをチェックする

私は留学前も比較的頻繁に韓国旅行をしていたので、旅行ついでに何校か語学堂を見学しましたが、留学前はなかなか時間もなく見学に行けない方が多いと思います。

日本にいながらにして語学堂選びの際に何よりも一番参考にしたのは、『実際に語学堂へ通っている方(通った方)の体験談』。実際に留学されている方の生の声を聞くことが一番語学堂生活を想像できます。

SNSでハッシュタグ#韓国留学 #韓国留学中などで検索をすると韓国留学をしている方のリアルタイムの声をたくさん見ることができます。私は留学準備の段階からSNSを活用し情報を入手していました。(SNSでは同時期に留学を始める子とも知り合うことができ、韓国入国後すぐにお友達ができました♡)

まとめ

語学堂を選ぶ時に重視したポイントについてご紹介してみました。私は紹介したポイントを比較して、最終的に延世大学の語学堂を選び1年間通った経験があります。事前にたくさん調べていたおかげで、入学してから大きな戸惑いもなく想像通りの語学堂生活を送ることができました。

同じ韓国語学習者でも、勉強が好きな方、苦手な方、会話に力を入れたい方、リスニングに力を入れたい方、一人で黙々と勉強したい方、クラスメイトと楽しく勉強したい方…本当に人それぞれです。韓国留学を考えている方が、自分に合った学校を選び、楽しく思いっきり語学堂生活を楽しめるとよいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村