ブログ移行中のため、デザインが崩れている箇所があります(誤字脱字修正中)

【景福宮】国立現代美術館ソウル館へ行ってきました!

国立現代美術館ソウル館

国立現代美術館へ行ってきました。今回はソウル館へ。

contents

韓国の国立現代美術館

国立現代美術館 ソウル館

韓国には美術館がたくさんありますが、その中でも最も代表的な大きな美術館が『国立現代美術館』。今回ご紹介するのはソウル館ですが、他にもソウル市内の徳寿宮敷地内にある徳寿宮館(ソウル館から歩って行くことも可能です)、京畿道果川(クァチョン)にも果川本館があります。

管理人

私はまだソウル館と徳寿宮館にしか行ったことがないので、いつか果川本館にも行くのが小さな夢です。

国立現代美術館 ソウル館(アクセス)

国立現代美術館 ソウル館

ソウル館は観光地にあり、景福宮と昌徳宮に隣接しています。仁寺洞や光化門からも近いので、アクセスよし。ソウル観光でこのエリアを訪れる方が多いので、きっと前を通ったことある方も多いのではないでしょうか。

●国立現代美術館 ソウル館(국립현대미술관 서울관)
住所:ソウル特別市 鍾路区 三清路 30 (서울특별시 종로구 삼청로 30)
アクセス:3号線景福宮駅5番出口から徒歩6分
営業時間:火・木~金・日曜10:00~18:00(最終受付17:00)、水・土曜10:00~21:00(最終受付20:00)
定休日:月曜 ※月曜が祝日の場合営業し、翌日休業、1月1日、旧正月・秋夕当日
公式HP:日本語表記です
公式Instagram:@mmcakorea

国立現代美術館 ソウル館(概要)

国立現代美術館 ソウル館
逆光で暗いですが…

延べ床面積52,125平方メートル、地下3階・地上3階ととても大きな規模で造られているのが、ソウル館。『無形の美術館』がコンセプトになっていて、すべての建物の高さが12m以下に制限され周囲の文化財とうまく調和するように建てられているんだそう。確かに、大きな美術館にもかかわらず景福宮エリアによく溶け込んでいます。

メディアラボ、映画館、セミナー室、ホールなど、様々なイベントでも利用できるような、ソウル市民の文化施設にもなっているようです。

入場料

国立現代美術館 ソウル館

無料で観覧できるエリアもありますが、カウンターで4,000ウォンをお支払いし統合観覧券4000wを購入すれば、すべてのエリアを観覧することができるようになります。

国立現代美術館 ソウル館

特別展示は、いくつかのブースに分かれていてそれぞれ違うテーマで展示がされています。この時は、『今年の作家賞』の展示がされていました。

国立現代美術館 ソウル館

館内は、写真NGの場所もありますが基本的に写真OKです。(韓国の美術館や博物館は、日本と違って写真OKの場所が多いです)韓国の方が芸術に寛容な気がします。

国立現代美術館 ソウル館
国立現代美術館 ソウル館
国立現代美術館 ソウル館

まとめ

国立現代美術館 ソウル館
美術館近くの壁画

国立なだけあってとても大きな美術館で、まったりできそうな広場やカフェテリアもあり親子連れで賑わっていました。韓国に住み始めてから美術館や博物館が大好きになり、時間を見つけては1人でぶらぶらお散歩がてら観覧していました。芸術のことはよくわかりませんが、癒されます。旅行ではなかなか美術館に行くことはないかもしれませんが、韓国旅行に度々訪れている方は、たまには美術館巡りもいつもと一味違っていいかもしれません♡

国立現代美術館ソウル館

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share!!
contents
閉じる