【韓国留学】留学スタート!荷物はどれぐらいだった?

留学準備で一番億劫だったもの…荷造りです。旅行とは違い、長期間の滞在となると何を持って行ったらよいのかよくわからなくなってしまい、出国の前日まで荷造りをほとんどしなかったせいでとてもバタバタしてしまいました。(早めの荷造りをおすすめします)

contents

留学前の荷造り

韓国留学 荷物

留学に備えて、大容量(100ℓほど)のキャリーケースとリュックを新調しました。

韓国留学 荷物
ellie

リュックは語学堂へ通う時にとーーっても役立ちました。テキストが重すぎるので、リュックおすすめです!


結局荷造りがちゃんと終わらず…とにかく持って行きたかったものを最大限にキャリーなどに隙間なく詰めました。

出発当日の荷物

韓国留学 荷物

出発当日の荷物は…結果的にこうなりました。

【受託荷物】

  • キャリーケース大型・・・29kg
  • ボストンバッグ・・・5kg 

【機内持込荷物】

  • リュックサック・・・5kgぐらい
  • ハンドバッグ
  • PCバッグ 

利用したイースター航空は受託荷物が15kgまでだったので、14kg超過。プラス、ボストンバッグ5kgは追加。 14kg超過分の14,000円とボストンバッグの5kg3,000円を追加お支払い。 こんなに超過する人いなかったのか、チェックインカウンターのお兄さんに何回か『パソコンとか電気機器とか取り出せるものありませんか?』と聞かれました。

地方空港出発で、チケットが格安だったので…超過料金払っても羽田や成田から行くより安く済み、結果オーライ。(ということにしました…あの時は荷物の超過分なんて考えている暇がなかった…)

韓国入国

韓国留学 荷物
仁川空港について一休み(既に疲れ果ててました)

荷物が大量すぎたので、入国の時止められるかな?とちょっと不安でしたが何事もなく通過。 (荷物が多く色々聞かれた友達もいましたが、私は一時帰国の時も一度も止められたことはありません)

気をつけたいこと

宿泊先までの行き方を事前に念入りに確認すること

短期の旅行と違い、長期滞在の留学やワーホリは荷物の重さがハンパじゃありません。到着後に重すぎるキャリーを持って移動しなければならないので、韓国に慣れているとしても一苦労です。段差ひとつで大変なことになります。

私は入国後数日はAirbnbで予約した駅直結のオフィステルに宿泊予定だったので、いつものように空港バスに乗って、スムーズに辿り着くことができました。 階段なくて本当によかった。 留学した子皆同じかと思いますが、入国と完全帰国の日が一番大変です…。

contents
閉じる