ブログ移行中のため、デザインが崩れている箇所があります(誤字脱字修正中)

【延世語学堂】3級상황역할テストの内容について

延世語学堂 상황역할

2級で大変だった『상황역할』が3級でもありました。2級の時と少しやり方が変わったので、記録しておきます。

あわせて読みたい
【延世語学堂】2級상황역할テストの内容について 延世2級のマラギ試験の一部である『상황역할』と呼ばれるテスト。簡単に一言で言うと、ペアになって行う状況劇です。私は1年間の語学堂生活、これが一番大変でした…大変...
contents

3級の상황역할は何やるの?

3級で行うのは、2級の상황역할のアレンジバージョン。2級の時はクラスメイトとペアになって文章を作りましたが、3級はすべての会話文を1人で作ります。

延世語学堂 상황역할

内容

  1. 先生からテーマが2つ出題される。
  2. 2つのテーマについて、それぞれ会話を作成(全部自分1人で)
  3. 作った文章をすべてひとりで暗記する。
  4. 試験直前に4種類のクジを引き、選んだものを発表。

    <作る文章>
    가 나×6セット以上(最初の挨拶と締めの挨拶を除いて)
    ・가と나にそれぞれ4つずつ3級で習った文法を埋め込む
    ・パンマルを使う…など、語尾はテーマに合わせる
    ・先生による添削はなし

    <発表>
    ・選んだ部分以外の箇所(自分が가を選んだら、나に該当する箇所)は自分の順番の次のクラスメイトに紙を見ながら読んでもらう。

※きっと文章ではうまく伝わらない、複雑なテストでした。

상황역할は期末試験マラギの20%

今回も点数がテストに組み込まれるので、しっかりと取り組まないといけません。テーマはこのふたつでした!

延世語学堂 상황역할
  • 모임에 갔다 온 친구와 참석하지 못한 친구의 대화
  • 한국의 예절이나 문화를 잘 몰라서 실수한 것을 이야기하는 대화

感想

2級の時と違って、全部自分で作って自分で覚えて自分で発表するだけだから、楽でした。

文章の添削を誰にもお願いせずに挑んだテストだったので、作成した文章が合っていたのかわかりませんが、そんなに点数は引かれませんでした。こちらの練習と本番の2回あったので、文章も異なるテーマで2度作りました。

まとめ

以前はあった3級の演劇大会がなくなってしまったので、3級の発表は3分間スピーチ2回とこの상황역할2回だけでした。発表と試験で、休む暇があまりなかった3級。過去に通われた方はこれにプラスして演劇大会の内容考えたり練習もしなければいけなかったなんて…相当大変そうで、無事に修了された方…尊敬します。

延世語学堂 상황역할

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share!!
contents
閉じる