ブログ移行中のため、デザインが崩れている箇所があります(誤字脱字修正中)

初めての韓国語、まずはハングルから!おすすめのテキストをご紹介

韓国語の勉強を始めようと思っている方、何から始めれば良いのか迷っていませんか?韓国語学習者が増え、大きく韓国語コーナーが設けられている書店も珍しくなくなってきました。テキストの種類も増え、どれを選んだら良いか悩んでしまいますよね。

今日は韓国語をこれから勉強しようと思っている方へ向けて、ハングル文字の学習をお手伝いするおすすめのテキストをご紹介します!少しでも参考になれば幸いです。

contents

韓国語学習の始め方

韓国語超初級がまずやることは『ハングルを覚える』こと。

ハングルについて知ろう!

ともかくまずはハングル!韓国語の勉強を始めるまで、象形文字にしか見えなかったハングル文字。韓国旅行にずいぶん前から定期的に行っていたにも関わらず、難しそう…と躊躇してしまっていた私が最初に買ったテキストはこちらでした。

続いて、ハングルを書く練習をしましょう!私はこの『3日でできる超入門ハングル書き取りノート』を1冊やりました。

文字大きめで見やすくわかりやすい、初心者にぴったりのテキストです。ハングルの規則をイラストで勉強しながら、実際にテキストに書き込んで覚えます。発音の仕方なども詳しく記載されているので、声に出しながらテキストに書き込んでいきました。

ハングルを覚えてきたら単語へ

ハングルを覚えてきたら、私は単語本を購入しました。どの単語本がよいのかわからず気になった2冊を。

『hanaの韓国語単語(入門・初級編)』はハングル検定の4・5級レベル。約900語の初級単語が収録されています。CDつきで耳からもインプットすることができる単語本です。

中身はこんな感じ↓
単語1つにつき、1つの例文が右側に記載されています。

キクタンの方が1つの単語に対して3つの例文が掲載されているので、様々なシーンでの単語の応用を想像しながら勉強できました。

ハングルが読めてきたかな?ぐらいの頃から単語本を始め、少しずつ知っている単語を増やしていきました。
初級単語は普段使うようなものばかり。少し単語量が増えただけでも成長を実感できて楽しかったよ♡

同時に文法のテキストも

そして同時にこちらのテキストも少しずつ。どこの書店でも取り扱っている、新大久保語学院という実際にある韓国語学校が発行している有名なテキストです。仕事をしながら勉強していたので、無理せずに毎日ほんの少しだけ勉強していました。

象形文字にしか見えなかったハングルが意味を持つ単語として把握できるようになり、さらに文法を知って文章として読むことができると、だんだんやる気が出てきます!

最近本屋さんでいいなと思ったテキスト

私が韓国語の勉強を始めたのは3年ほど前なので、3年前には見かけなかったテキストが書店に増えてきました。

最近気になったテキストをいくつかご紹介します。

ゼロからはじめる韓国語書き込みレッスン

このテキストは2019年に発売されたもの。これから韓国語の勉強を始める方向けで、ハングル・基本文法を書き込んで練習しながらリアルな会話に繋がるように学ぶことのできる1冊。個人的に表紙デザインが可愛くて好きです。

テンションを上げるために、私はテキストのデザインも見てしまうタイプです!

いちばんやさしいハングル練習ノート

こちらも初心者向けのハングル練習ノート。幼稚園児が『あいうえお』を学ぶように、ハングルの基礎をしっかりと身に付けることができます。

やさしい基礎韓国語

この本はYouTubeで人気の『キソカン先生』著作の2020年に発売されたばかりのテキスト。やさしい表現で説明されていて、1日たった4ページの学習を1ヶ月半続けるだけで韓国語の基礎を完成することができるそうです。

1日4ページなら無理なく勉強を継続することができそうです。

イラストで書いて覚える韓国語文法ドリル

最後に

韓国語の勉強をこれから始めようと思っている方へ向けて、まず始めにやるべきことについて記事を書いてみました。

ハングルが読めるようになるだけでも、単語の意味はわからなくとも少し楽しくなります♡テキストは最後までちゃんと終わらせることができそうな自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。私もまだまだ韓国語勉強中の身なので、一緒に頑張りましょう♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる